ブログトップ

kei*milano

keimilano.exblog.jp

旧ブログの引越

exciteブログご愛用のみなさま、
たまたまこのブログに足を運んでくれた方々、
どうもはじめまして。

この度、カフェブロがサービス停止することとなり、
以前書いていたブログをあわてて引越させるにあたって、
こちらのexciteブログにお世話になることになりました。
画像を移すことが出来なかったので、
地道に1枚ずつ再アップロードすることにしました。
写真も大切な記事の一部なので…。
全部が整うまで少し時間がかかりますし、
古い記事ばかりですが、どうぞよろしくお願いします。

引越を機に読み返したりしていますが、いろいろありましたね。
そして我ながらマメでした。
最近は更新もままならないのですが、
http://kei-milano.blogspot.com/の方にもぜひお立ち寄りください。

kei
[PR]
# by kei-milano | 2012-10-04 17:21 | プライベート

ブログ引越のお知らせ。

ブログを引越します。
『kei*milano』
http://kei-milano.blogspot.com/

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

画像容量がいっぱいになってしまったのを機に、
ブログの引越をすることにしました。
慣れ親しんだcafebloを離れるのは少し寂しいのですが…。

「もうちょっとオリジナルなページを作りたいな」
と、実は、常々、思っていたんです。
新しいblogは、いろいろカスタマイズ出来るのはいいのですが、
まだよく分からないことだらけで、
現在、試行錯誤しながら作成中です。

今までこのblogを読んでくれた方々、
本当にどうもありがとうございました。
どうかこれからも新しいblogをご愛読くださいませ。
[PR]
# by kei-milano | 2008-12-04 07:12 | プライベート

新しいピザ屋さん。

近所に新しいピザ屋が出来て、
一昨日の夜、その『l'inaugurazione』があったので、
インテリアの見学+食事を楽しんできた。

b0271525_16365959.jpg
インテリアの写真は怒られそうなので撮れなかったけど、外から1枚。
でも、思いっきりボケちゃった。(なので、写真は小さめに。。。)

以前、同じ場所にあったピザ屋は、
オシャレではなかったけれど、
安価で美味しいピザを作っていて、
週に1度は「お持ち帰り」して食べていた。
閉店してしまって、とても残念に思っていたのだ。

新しいお店は、ガラっと変わって、小洒落ている。
いろいろ食べてみたけど、モッツァレッラは美味しかった。
でもピザは、私はやっぱり以前のお店の方が好きだ。
きっとまた買いに行くだろうけど、
週1回とはいかないかもな…。

G氏曰く、
「モダンな内装のピザ屋は、値段ばかり高くてまずそうだ」(←偏見!)

まぁ、しばらくは様子を見てみよう。。。



※イタリアでは、新しいお店がオープンする時、
『l'inaugurazione』といって、ワインや軽食を振舞ったりします。
「オープニング・パーティー」というか、
「開店祝い」というか、「お披露目会」というか。。。
基本的には誰でも参加出来て、タダで食事が出来ます。
[PR]
# by kei-milano | 2008-11-28 17:11 | プライベート

パラレル・ニッポン。

今日は用があって、土曜日には珍しく午前中から出かけていて、
その帰りに、これまた久々にDuomoへ寄ってきた。

Galleria Vittorio Emanueleにある「アーバン・センターミラノ」で、
『パラレル・ニッポン 現代日本建築展 1996-2006(海外巡回展)』
11月28日までやっていて、それを観たかったのだ。
日本では2006年に東京都写真美術館で展示され、
その後10年にわたって、海外を巡回するんだそう。
b0271525_16443887.jpg
ガレリアのスカラ座側にこじんまりとある「アーバン・センター」


バブル崩壊後の10年、日本で起きた変革は、
当然建築作品にも反映されていて、
それを基準に作品の選定がなされた、そうな。
b0271525_16461030.jpg
会場はほとんどパネル展示。


ヨーロッパでも、日本の現代建築への関心は高い。
でも「大した規制もなく、いろんな形態やいろんな素材で、
好き勝手に造られている(から、面白い)」
と思われていたりする。
確かにそれも否めないけれど、
全てが全て、「好き勝手」に造られたワケではもちろんない。
「日本の社会背景によって、こうゆう建築が生まれる」
というようなことが、会場でもらってきたパンフ(のようなもの)には
書いてあって、なかなか興味深い。
それじゃあ、イタリアの社会背景から生まれる建築っていうのは、
どんなだろ?
プロダクトは斬新でも、建築は保守的な感じだけど…。


b0271525_16465416.jpg
久々に見るDuomoは、左下半分の工事を残すのみ!
今年中に全部終わるのかな〜。
[PR]
# by kei-milano | 2008-11-23 01:11 | 建築 / デザイン / 展示

ヴェネツィア・ビエンナーレ。

b0271525_17233625.jpg
今年は2年に1度の『建築展』の年。
11月23日までなので、週末、あわてて行ってきた。
幸い、お天気が良くて、日中はポカポカ。
歩いていて、とても気持ちが良かった♪

何はともあれ、まずはBiennnaleとは無関係だけど、
カラトラバが設計した新しい橋を観に行ってみた。
b0271525_17241997.jpg
駅のそばにあって、駐車場へとつないでる。
いろいろ問題はあるようだけど、デザインは嫌いじゃない。

さてさて、目的のBiennnaleへ。。。
b0271525_17245886.jpg
アルセナーレ(造船所)会場の入口。

内容は、、、、個人的には、不発な感じ。
どこへ行っても、エコとか緑化とか。
でも単なる流行って感じが否めない。
建材展じゃないから、あまり具体的じゃなかったり…。
b0271525_1727995.jpg
左)こんな緑化なら面白い?フランス館での展示より。
右)スイス館。
波打つレンガはコンピュータで
プログラミングされて積み上げられたもの。

環境のことを言い始めたら、
そもそも建築行為自体、どうなの?って感じだし、
展示に使われている電気量や
展示の後の廃材の量を考えると、なんだかね。
みんなであれこれ考えることには、意義があるけどね。

b0271525_17275488.jpg
solar tree。
by Ross Lovegrove。

円盤部分に
ソーラーパネルが
付いている。
[PR]
# by kei-milano | 2008-11-17 21:11 | 建築 / デザイン / 展示