ブログトップ

kei*milano

keimilano.exblog.jp

ドバイへの切符。

先週、ボスのもとに1本の電話が入った。
ボスの友人で、仕事でドバイにいるという。
「ホテルの内装をデザインしてくれないか?」
降って湧いたような、オイシイ話である。

建設ラッシュに沸くドバイで、
高層のホテルを建設したのはいいけれど、
内装のデザインがまだ全く決まっておらず、
あわてて建築家を探しているという。
見切り発車というか、なんというか…。
日本人の私には未だ付いて行けない発想である。

結局ウチのボスはミラノに残ることにし、
ボスの相方が日曜日、ドバイへと旅立って行った。
もしも話が進んで、設計スタッフが必要になった場合、
私達も駆り出される可能性もある、、、という。

夏のドバイ…。
どのくらい暑いのやら、想像も付かない。
以前、ドバイへ行ったことのある友人は、
「汗の水分でビデオカメラがフリーズした」と言っていた。
恐るべし。。。

ドバイへの切符。
ちょっとばかりワクワクする。
きのこのごとくニョキニョキと乱立する高層ビルの現場を
見て歩くだけでも、きっとすごく刺激的に違いない。
大きな期待を抱かずとも、心のどこかで吉報を待つとしよう。
by kei-milano | 2008-06-24 23:06 | お仕事
<< 結婚しました。 環境とか省エネとか。 >>